海外公演

大韓民国公演

更新日:

ふくかん農食品文化交流事業

ふくかん農食品文化交流事業

平成29年3月15日~21日までの1週間、ふくかんネット主催による「ふくかん農食品文化交流事業」が韓国にて行われました。
この事業は、福島県の風評被害払拭のために農食品を通じて現地の人々と交流し、お互いの文化を知るという趣旨のものです。
伝統文化みらい協会は、「日本の伝統文化である日本舞踊を知っていただくこと」と、「東日本大震災の時に支援していただいた感謝の気持ちを伝える」という2つを目的として、引率者1名高校生3名の計4名で参加しました。ふくかんネットの公募により集まった人々と共に総勢60名で活動してきました。

一日目は

ふくかん農食品文化交流事業

仙台空港のロビーにて参加者全員で結団式を行いました。その後、2時間半かけて韓国の仁川空港に到着しました。

二日目は

オンドル

公州にある伝統的建築様式で知られる公州韓屋村に行きました。建物は全て木で造られていて、室内は伝統暖房システム「オンドル」になっていました。そこでは、百済王族衣服体験をし、参加者それぞれが王様や貴族などの衣服を着ました。衣服の襟の部分が日本の浴衣と似ていて、私は韓国と日本の文化は全く違うものだと思っていたので驚いたのと同時に、韓国をより身近に感じました。

次のページへ >

-海外公演

Copyright© 一般社団法人 伝統文化みらい協会 , 2022 All Rights Reserved.